ニナリッチNinaRicci香水&財布/バッグ/時計&香水レールデュタン激安情報

ニナリッチ(NINA RICCI)とは

ニナリッチとは、いまや多くの人に支持されているブランドで、特に香水や化粧品などで有名なブランドで、耳にしたことがある方や既にご存知の方もいるかと思います。

主な人気の香水や化粧品のラインナップなどには、レベルドゥリッチやレールデュタンなどからニナといったところがあり、良く知られていて人気があります。

香水や化粧品などで知っている方も多いのですが、ニナリッチ(NINA RICCI)はそれら以外にも、バッグや財布から腕時計や指輪・ネックレスといった小物やアクセサリー類からファッションの衣服なども作っているのです。

このニナリッチというのは、イタリアで1932年に誕生した女性デザイナーでもあるニナ・リッチによって創設されたのが始まりとなっています。

今は既にニナ・リッチは亡くなっていますが、1883年〜1970年までニナ・リッチ(Nina Ricci)として、本名はマリー、旧姓ニエリで生活をしていました。

ニナ・リッチはイタリアのトリノで生まれてから、13歳の時に、家族と共にフランスのパリへと移住をしています。
そして、ニナリッチのキャリアのスタートはお針子からと言われています。

18歳の時にアトリエのプルミエールを務めてから宝石商でもあったルイ・リッチと結婚をしています。
パリへ渡ってから30年以上もの長い間、縫製や裁断の技術を磨き続けて、1932年の年に、自らの名を冠したメゾンでもあるニナ・リッチを、息子のロベール・リッチと共にパリにオープンしたのが、いまや大人気のニナ・リッチの本当の始まりだったのです。

ニナリッチの服やバッグなどから香水へのシフト

ニナリッチの服作りというのは、独特の手法で作られています。
まず、デッサンは行わないで、生地を直接顧客の身体やマヌカンの上にかけてから、ドレープを寄せてカットを施す手法を取っています。そのため、これらの独特の手法のためか、ニナ・リッチは彫刻家というニックネーム的な異名を持っていたともされています。

ニナリッチの作品は、見ればわかるとおりですが、エレガントと優雅さを兼ね備えており、女性の身体のラインをとりわけ美しく魅せる事ができるような、絶妙なラインと躍動感のあるデザインが特徴です。

これらの特徴を出すためにも、非常に高い縫製技術によって製造をされて、出るや否や一気に世界中の女性の心を虜にしていきました。

1945年の年には経営についてを息子のロベール・リッチに任せて、ニナ・リッチ自身はデザインのみに専念をしていくことになります。

そうして、経営を行うようになったロベールは、衣服だけでなく他の商品などでもニナリッチブランドの模索を始めました。
そして、そこでロベールが着目をしたのが香水だったのです。

このロベールの判断が見事に当たり、ニナリッチの香水というのは、これまた商品化されるや否や、多くの人の支持を集めることで大成功をおさめ、今ではニナリッチを代表すると言っても過言ではない商品となっています。

こうした事などをもとに、ニナリッチは世界的なグランド・メゾンへと成長をしていったのです。

ニナリッチ(NinaRicci)の香水と言えばレールデュタン

ロベールの戦略が見事にはまって、ニナリッチを代表する製品でもある香水ですが、そんな香水の中でも、ニナリッチを代表する香水ともいえるのが、レールデュタンです。

このレールデュタンというのは、今から60年ほど前の1948年に発表されて、今もなお、世界中の女性たちに愛され続けている、ニナリッチの超ロングセラーの香水です。

二羽の鳩をあしらっているボトルキャップが特徴的で、非常に美しくて芸術的なデザインで、平和と愛を表していると言われています。

このニナリッチのレールデュタンを、ダイアナ妃が使用していたといった噂もあったりするほど、色々な著名人などにも愛用されているほどの香水になります。日本の女優やタレントでは、三浦理恵子さんも、このニナリッチのレールデュタンを使用されているようです。

ニナリッチのレールデュタンは、カーネーションやジャスミン、そしてローズといったような多彩な匂いに、ムスクや白檀を加えており、上品な甘さだけでなく、ほのかなスパイシーさもある香りに仕上がっています。

上品で、そして派手すぎない香りとされており、お見合いや合コンなどにおける定番の香水との異名を持つほどです。

ぜひ、使ったことが無い人は、一度ニナリッチのレールデュタンをお試ししてみてはいかがでしょうか。

Next Entry : サマンサタバサ財布/バッグ/プチチョイスなどサマンサタバサ特集
Previous Entry : クロエバッグのクロエパディントン&クロエバッグベイ一覧&激安情報